ヒゲ脱毛は、完了してしまえば良い事ばかりであるのにも関わらず、多くの方々が躊躇してしまいます。

その原因が、黒さが増すということです。レーザーを照射した後、数日経過すると肌の赤みが徐々に収まります。しかし、髭の黒さが増して目立つようになります。施術ミスなどではなく、誰もが起こり得ることですが、目立つので気になる方が多いのです。

ミスではないので、時間の経過と共に収まっていきますが、数日から1週間ほど続いてしまうことがあります。しかも、ヒゲ脱毛により黒くなってしまった毛というのは、本来の髭よりも柔らかくコシがないため、通常通り電気シェーバーやカミソリを使用しても上手に処理することができないのです。

処理するほど肌が荒れてしまうので、逆効果になってしまいます。ヒゲ脱毛を受ける決断をした方というのは、コンプレックスの濃いヒゲを薄くするために施術を受けるのにも関わらず、高額な費用をかけてより一層目立つようになると損をした気持ちになります。

しかも、痛みも我慢しなければならないので、欠点の方が多く感じてしまう方が居るのも仕方ありません。即効性の高い解決方法があれば良いのですが、現時点でヒゲ脱毛後の黒さを改善する方法は確立されていません。

自分で抜いたりすると、途中で切れてしまい埋没毛を誘発するので、自然に抜けるまで待機するのが最善です。また、指でヒゲを触るというのも、雑菌の影響で可能する恐れがあります。

リンクス(RINX)についてならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *