水道修理は素人には難しいように思えるかもしれませんが、程度が簡単なものであれば自分で行うこともできます。

やり方やコツさえ学んでしまえば誰でもできるので、覚えておくと良いでしょう。実際に水道修理に取り掛かる前に準備しておきたいのが、作業に必要になる工具です。蛇口に使われている栓はよく見られる六角のものですが、鏡面仕上げになっているためペンチなどを使ってしまうと傷がつき見栄えが悪くなります。それを避けるために専用のプライヤーをおすすめします。

水道修理用のものは先端のギザギザの部分がプラスチック樹脂で覆われており、力を入れても傷をつけないように作られているからです。これを使えば見栄えが悪くなるのを防げる上に、しっかりとグリップするので滑ることもありません。作業前には必ず元栓を閉めておくようにしましょう。なぜなら元栓を閉めずに分解してしまうと、圧力のかかった水が吹き出すためです。元栓は住宅の外に設置されていることが多く、地面に青い蓋などで覆われているのですぐ見つかります。

そこで元栓をきっちりと閉めてから作業をすれば、室内が水浸しになることはありません。水道修理で最も多いのは、蛇口を閉めても水が垂れるといった水漏れに関するものです。これは内部に使われているゴムパッキンが劣化していることが原因で、交換するだけですぐに修理することができます。このパッキン自体は100円もしないので、ホームセンターなどで購入してくると良いでしょう。ただしサイズが異なるものが店頭に並んでいるので、自宅の物を計測してからお店に行くようにすると間違いを防げます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *