台所などの水回りで水漏れを見つけたら、できるだけ早く水道修理を依頼して下さい。

水漏れをそのままにしていると、水道料金が増えるだけでなく床や家具などに被害が広がる可能性があります。マンションなどの賃貸物件では自分の部屋だけでなく、下の階の部屋まで被害が広がりトラブルが拡大する可能性があるので注意が必要です。水回りに使われている部品は、耐用年数が7年から10年のものが多いです。設置されている場所や使い方で多少の差はありますが、10年ほどで何らかのトラブルが起こる可能性が高まります。

昔からある2ハンドあるの水栓は構造が簡単なので、自分で修理することも可能です。蛇口に使われているパッキンなどの部品は、素人でも交換は可能です。部品の多くはホームセンターで購入することが可能で、サイズが合っていればメーカーによる違いはなく簡単に交換できます。2ハンドルと違いシングルレバー式の水栓は構造が複雑で、使われているカートリッジもメーカーによって違います。カートリッジはホームセンターで購入することは可能ですが、プロにお願いして交換したほうが安全です。また水道管全体を交換する必要がある水道修理も、素人が自ら行うのは危険です。

水道修理を専門の業者に依頼すると、出張費や技術料が発生します。しかし大掛かりな水道修理を素人が行うと、事態がより悪くなる可能性があります。最悪水道の修理代だけでなく、床の修理や家具の買い替えが必要になる可能性もあります。無理をせずに専門の業者に修理を依頼した方が安全であり確実です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *