水漏れは、蛇口や混合水栓など見える箇所で発生している場合には比較的早期に発見でき、短時間かつ比較的低料金で修理が可能です。

水漏れは、発生していることに気付かず床下の水浸しや床材の腐敗を目の当たりにして初めて発生に気づくことも多く、注意深い消費者や家計簿をつけている消費者は水道料金の上昇で気付く場合もあります。地方自治体の中には、水道メーター以降の給水管や給水装置などのトラブルに起因する水漏れによる水道料金の増加分を減額する制度がある場合があり、水トラブルの原因箇所の修理を完全に完了させ申請することで減額してもらえます。

近年では、24時間365日年中無休かつ時間を選ばず迅速な対応が可能な業者が多く、大都市圏を中心に過当競争が激しく料金設定も非常に低水準となっています。そのため、水漏れの箇所や程度によっては時間的に余裕がある消費者も多く、インターネットや電話で2社~3社に相見積もりを依頼する消費者も少なくないのが業界の現状です。

インターネット上では、水トラブルの修理1、500円からなど非常に低価格を謳ったキャッチコピーで集客を狙う業者も多く、実際に見積もりを依頼してみると出張料金や夜間割増料金など名目だけの項目が複数計上され高額な見積もりとなっていることもあります。しかし、高額の見積もりが必ずしも安心安全とは言い切れないので、しっかりと吟味して良い業者に水トラブルの修理を依頼すべきです。
水漏れトラブルの修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *