水道が使えないと、一日も暮らせないでしょう。

それに、部屋の配管のどこかで水漏れが生じていると、その他のトラブルにつながる可能性もあり、放置できません。マンションの場合と、戸建ての場合では少々事情が異なりますが、いずれにしても修理を頼まなければならないことは間違いありません。それも、賃貸の場合と持ち家の場合でも対処法が異なるので注意が必要です。賃貸物件の場合、水漏れのトラブルを発見したら(あるいはその可能性に気づいた場合)、直ちにオーナーあるいは仲介業者に連絡することが必要です。

水回りのトラブルは、住まいの根幹にかかわる問題なので、勝手に修理したり素人が自分で解決しようとすることはご法度です。まして賃貸料金を支払っているのですから、水漏れの修理は賃借人の義務ではない場合がほとんどです。まずは契約相手か仲介業者に連絡をして対処を相談してください。修理料金に関しても、賃借人には故障の原因がない限りにおいて債務を負うことはほぼありません。

一方、持ち家の場合は基本的に持ち主が修理の責任を負うことになります。自分で手配をして水道屋さんを呼ぶのが基本的な対処となります。ただし、マンションの場合は管理会社の指定の業者を利用する流れになる場合も多いです。そこで、管理会社への連絡をして、水漏れの現状についての説明をして、相談をした方が良いでしょう。水漏れの原因が、共用部分にある可能性もあるので、そうした場合は管理会社が対処してくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *