キッチンから浴室・洗面所・庭先など、各家庭には数多くの水栓器具が備わっています。

この中で特に1日に何十回も使用するものが、キッチン内にある流し台水栓です。調理をする時はもちろん、使用済みの食器を洗う時など水栓バルブを何回も開閉して水量調整をなされることでしょう。使用回数が多いということは不具合も発生しやすく、バルブを閉めているのに水が止まらないといったトラブルを経験された方も多いのではないでしょうか。このトラブルは水栓器具ではごく当たり前に起こる水漏れ現象です。

そのままにしておくと水道代金が高くなるので、発見した際には早期修理が望ましいです。流し台水栓の水漏れ修理は難しい知識や技術は不要で、どなたでも簡単に自己対修理することが可能です。このトラブルは水栓器具内に備わっているパッキンが劣化することで起こるので、新しいパッキンに取り替えればトラブルが解決します。修理に必要なパッキンはホームセンターで1個300円前後で販売されており、「16水栓」と記載されていればどのような器具とでも互換性があります。

修理をする時は最初に、止水栓を閉めて水の流れをストップさせます。これは水栓器具のハンドルを取り外すので、止水栓を閉めておかないと水が噴き出るからです。あとはスパナという工具を使って器具に備わっているハンドルバルブを反時計回りに回してバルブを取り外します。このバルブ内に備わっているパッキンを購入したものと入れ替えれば、水漏れは止まります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *