洗面台の下にはSトラップというS字型に曲がったパイプが存在することが多いですが、このSトラップから水漏れが生じることがあります。

わずかであったとしても水漏れを検知したら、すぐに修理をするのがおすすめです。そうしないと、いきなり大量の水漏れが起きて、床が水浸しになってしまうことにもなりかねません。Sトラップから水漏れする原因の多くは、部品やパイプの経年劣化によるものです。部品の劣化でよくあるのが、パッキンの劣化でしょう。パッキンというのはゴム製の部品で接続部に挟むことによって水が漏れてくるのを防止する役割を担っていますが、劣化してくるとその役割が果たせなくなって漏れが起きてきます。

そうなったらすぐに交換する必要があります。パイプも時の経過とともに劣化していきます。素材などによって寿命は変わってきますが、だいたい10年くらい経ったら注意が必要になってきます。洗面台の下のSトラップなんてあまり見る機会はないかもしれませんが、使い始めて10年以上経過しているのであれば、定期的に点検してヒビや割れなどがないかチェックしておくのがおすすめです。

Sトラップからの水漏れの原因は、他にもナットが緩んでいたりすることがあげられます。原因をしっかり見極めて対処することが必要でしょう。Sトラップの部品交換や修理は自力で行うことも可能ですが、パーツの選定や工具類の準備が必要ですし、慣れていないと苦戦するものなので、自信がない人は専門の修理会社にお願いした方が無難です。
水漏れの修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *