水漏れを経験したことが1度はあるのではないでしょうか。

よくあるトラブルの1つで蛇口からポタポタと水が漏れたりする場合です。実際に直面してしまうと、どうして良いか分からなくなることもあるかもしれませんが、落ち着いて対応すれば大丈夫です。自分の力でも治す事がらできる場合もあるので、知識として知っておくと良いです。浴室でトラブルが起きた場合、風呂場の蛇口は2種類のタイプがあり、ハンドルタイプと温度調整ハンドルタイプがあります。ハンドルタイプの水栓はハンドル混合水栓と呼ばれています。

スピンドルと呼ばれる部位が締まり、これによってケレップが押し出されて蛇口から水が出る仕組みになっています。ハンドルを占めた時に水漏れするのか、開いた時に水漏れするかによって、対処が異なります。もし、ハンドルを開いて水漏れする場合はパッキン交換で修理することができます。その際、マイナスドライバーでカバーをとり、プラスドライバーでネジを取りハンドルを取ります。モンキーやレンチなどを使ってカバーナットを取り外し、中にあるパッキンを交換します。ハンドルを占めても水漏れをする場合は、ケレップとスピンドルの交換修理になます。

この修理で改善しない場合は、蛇口ごと交換しなければならない場合もあります。一方、温度調整ハンドルタイプのサーモスタット混合水栓は、温度を一度設定してしまえばその温度で一定時間保っていることができます。水が漏れている原因のほとんどは開閉バルブの劣化です。まず、止水栓を止めます。その後、ハンドルを取り外してから表示リングを取ります。力を入れすぎて折らないように注意しましょう。次に、固定ナットを取り外してスペンサーと呼ばれる白い器具を引き抜きます。カランとシャワーを切り替える時に、音がなるのはスペンサーがあるからです。後は、古い開閉バルブを取り外して新しい開閉バルブをセットして完了です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *