キッチンや洗面、トイレやお風呂、私たちは水回りを避けて生活することはできません。

これらは毎日何度も使うため、当然ながら少しずつ劣化して行きます。蛇口を閉じても水がポタポタ落ちたり、トイレを流した後いつまでも水がチョロチョロ流れてしまうなど、特に水漏れに関しては様々な不具合が生じるようになります。そんな時、自分で水漏れの修理を試みたくなる人も多いでしょう。例えば水道の水漏れの場合、昔の水道は「単水栓」や「混合水栓」など比較的シンプルな構造だったため、ホームセンターなどでパッキンを買ってきて、劣化したパッキンと交換するだけで直る場合も多かったようです。

しかし現在は「シングルレバー混合水栓」のように、操作は簡単でも構造が複雑になっているタイプが主流で、その場合は自力での修理はやめておいた方が無難です。しかも実際は蛇口ではなく水道管に原因があることも往々にして考えられ、その場合は素人が自分で修理することはまず不可能です。特殊な工具が必要になることもあり、そうした工具は市場では流通していないことが多く、入手しようとしても価格が非常に高くなると考えるべきです。

たとえ運良くそうした工具が手元にあったとしても、水漏れが問題が起きている箇所や水道の規格によっては、自力での修理は大変難しい作業になると言わざるを得ません。また、難しい修理を知識があまりない人によってなされると、状況がますます悪化してしまうリスクも考えておかなければなりません。こうしたリスクやコストなど様々なことを勘案すれば、最初からプロの会社に任せるのがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *