キッチンは家庭内の水回りの中でも使用頻度の高い設備の1つです。

設置してから約10年を経るころには、経年劣化によって何らかのトラブルが目立ち始めます。例えば蛇口部分に注目すると、ハンドル内部にあるバルブカートリッジや、蛇口と台座をつなぐ接合部分のパッキン等が、亀裂や摩耗あるいは変形を起こし、その隙間から水漏れするケースもあります。こうなると、蛇口を閉めているのにポタポタと水が滴り落ちる、蛇口先とは無関係な箇所からチョロチョロと水が漏れ出す等、様々な症状が現れます。

もしキッチンでこのような症状を少しでも見かけたら、可能な限り速やかに対処しなければなりません。遅れてしまうほど、他の正常な水道設備や建材にまで、被害を及ぼすこともあり得るからです。蛇口部分のケレップや台座をつなぐ接合部分のパッキンの交換程度であれば、素人の方でも不可能ではありません。しかし構造の複雑なツーハンドルタイプの蛇口や、壁付きタイプで大きな工事が必要な蛇口であれば、無理せずに地域で信頼できるプロの修理店へ依頼することをおすすめします。

キッチンの水漏れは蛇口だけではありません。シンク下に設置された排水パイプやトラップでも、数多く目立ちます。キッチンでは調理で出る食材カスや食用油が排水口へ流れ込み、それが排水パイプやトラップに蓄積していきます。さらに深刻化すると、腐食した部分から亀裂や穴が空いて水漏れが発生します。このようなケースでは排水パイプやトラップを丸ごと交換する場合もあるため、素人の方では修理も難しいのが現実です。まずは地域で実績のある専門業者へ、修理の相談や依頼をおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *