キッチンや洗面所など調理や洗い物、手を洗う際には利用するため日常生活では重要な場所でもあります。ですが、よく利用している水道も、劣化や摩耗、その他の原因で蛇口から水漏れしてしまうこともあるでしょう。蛇口といっても、いくつかのタイプがあるため水漏れの箇所もそれぞれ違いなどがでてきます。シングルレバー金剛水栓では、レバーの下から水が漏れだしてくることもありますが、そのほかにも、スパウト部分から漏れることもあります。

吐水口から水漏れすることもあるためどの部分から水が漏れてきているかきちんとチェックしておくといいでしょう。バルブカートリッジが原因になることが多く、バルブカートリッジの交換をすると症状が収まることもあります。ハンドル混合水栓の場合では、ハンドル下や吐水口パイプと本体の接続部などから水漏れが生じることがあります。ハンドル混合水栓では、ハンドルを回す、吐水口パイプを動かすことによってパッキンの摩耗が多くの原因です。

吐水口に関してもハンドル内部にあるパッキンの劣化などが主な原因になることがあります。そのため、蛇口に関しての水漏れが生じた場合には、パッキンの交換をすることで解決することがあります。原因をしっかりと把握することは大切ですが、修理に関して自分で対処するのか専門の業者に依頼するか判断することも必要です。どのような状態なのかにもよりますが、無理をせずに専門の業者を頼るというのも有効な手段といえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *