蛇口から水滴が落ちる程度では、すぐに業者に依頼して修理する人は少ないかもしれません。しかしこれほど水を無駄にしていることはなく、洗面器やバケツを置いてたまった水を何かに使っているので有効利用はできていると思っているかもしれませんが、この水は必要のない水です。そのままにしていても絶対に止まることはなく、悪くなる一方です。しかしすぐに業者に依頼することに戸惑いをもたれる方もおられるので、そのような方は自分で修理することをおすすめします。

蛇口の水漏れはかなりの年月がたっていなければ、簡単な方法で直すことができます。水漏れの箇所は大体決まっているので、ネットや動画などで修理方法を学ぶと素人でも簡単に直すことができます。直し方を覚えてしまえば、家中すべての蛇口を自分で修理することができるので大変役立ちます。キッチンやお風呂、洗面所、トイレ、屋外などいろいろなタイプの蛇口が設置されていることがあり、一見構造が複雑そうに感じますが、パッキンやコマなど形は違えど修理方法は同じです。

取り外して部品を交換する、これさえ行えば水漏れは解消できます。部品のほとんどはホームセンターで売られているので、工具や部品を取り揃えることができます。蛇口自体は相当な年月使うことができますが、頻繁に使うとパッキンがもろくなるので何度も交換が必要になります。工具や部品は、一度きりではなく繰り返し使うことができるので決して損することはありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *