家の水回りに設置されている蛇口もしくは水栓のトラブルで、日頃から困っている方もいるはずです。お風呂場やキッチンなど日々の暮らしに不可欠な設備では、水栓が使用できなくなると、日常生活にも支障をきたすことになりかねません。まず水栓のトラブルでよく起こりがちなのが、水漏れです。ハンドルレバーを閉めても蛇口からポタポタと水がしたたる、蛇口を開くたびに水栓の台座や壁との接合部からも、チョロチョロと水が漏れ出すといったケースが典型。

原因としてはパーツ類の経年劣化か、接合部のナットやボルトのゆるみが考えられます。特にパーツ類については耐用年数の10年が過ぎるころになると、変形や摩耗あるいは亀裂や断裂といった様々な症状が現れ始め、そこから水漏れするようになります。例えばシングルレバー混合水栓の蛇口あるいはレバーハンドル付近から水漏れするなら、コマパッキンやカートリッジの劣化が推測できます。また水栓の台座や壁との接続部から漏れ出す場合には、パッキンの劣化の他にも、ナットやネジのゆるみも推測すべきでしょう。

水漏れ以外にも、水栓では様々なトラブルが発生します。レバーハンドルが固すぎて回せないのであれば、その内部のグリス切れ、あるいはサビや水道水のミネラル成分等の付着など、レバーハンドルとの摩擦による原因が考えられます。さらに単水栓やツーハンドル混合水栓のハンドルを回すたびに、甲高い異音が聞こえるケースもあります。これはコマパッキンの劣化すると、よく起きる現象の1つです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *