冬の寒い時期に浴室にはいると、裸足で床面に触れたときに震え上がるほど冷たく感じることがあります。特に在来工法で建てられたタイル貼りの床面などは、最初に入るときには飛び上がるほど冷たく感じることが当たり前と言う感覚になってしまいますが、洗面脱衣所との温度差によってヒートショックを起こすことで、特に冬の入浴時間には危険が潜んでいることは現在では広く知られるようになりました。浴室をリフォームする際に冬でも冷たさをダイレクトに感じずにすむよう、断熱材で浴室の周りを覆って全体の本性を高めるという方法があります。床だけでなく壁や天井、浴槽など、お風呂の周囲のすべてを断熱構造にすることで、バスルーム内が常に快適な温度に保たれる効果が期待できます。

在来工法のタイル貼りの床や天井は冬の気温の低いときには本当に冷たく感じられます、断熱効果を高めた浴室にすることで、あのいやなひんやり感を感じずに済みます。また、リフォームの際に窓の断熱性を高めるためにも二重サッシや樹脂製の枠材を使ったペアサッシなどを取り入れると、窓から侵入する冷気を防ぐこともでき、さらに結露の予防効果も期待できます。バスルームを暖かく快適な環境にするために浴室乾燥暖房機を設置するという方法もありますが、その際にもバスルームの保温性が高い状態にしておくことで、より少ないエネルギーで快適な入浴タイムが実現でき、ヒートショックなどのリスクを減らすことにもつながります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *