トイレは長年使用していればつまりや水漏れなどのトラブルが起こりやすくなります。毎日使用する場所であるだけに、使用できなくなってしまうと同時に生活に大きな支障をきたすようになります。家族が毎日使うトイレは家族構成やライフスタイルによっても変わってきますが、およそ10年ほどの使用で故障や不具合が出てくる可能性がある設備機器だと考える必要があります。ある程度長く使用しているうちに便器自体は特に故障も何もなくても、温水洗浄便座に不具合が出たりトイレタンクの部品に故障が生じたりします。

また、軽い水漏れを起こすこともありますが、ごく軽微な水漏れだからと特に気に留めずにいたら、ある日突然大量の水漏れを起こしてしまったというケースもあるので、異常は見つかったらすぐに対処することが必要です。使用し始めてから10年以上経過してトラブルが起こったらそろそろトイレリフォームのタイミングだと心得ることも必要です。トイレも家の中の他の設備機器と同じように様々な機能がどんどん進化しています。10年使用したものをトイレリフォームで最新のトイレに交換すると、その多機能ぶりに驚く事でしょう。

トイレリフォームで新しい便器に取り換える際には、どんな機能が必要かをよく考えて最適なものを選ぶようにすることが大切です。温水洗浄機能一つとってみても、温水の出方や場所などを細かく設定することができたり、体に配慮したきめ細かな対応ができる機種なども増えています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *