シングルレバー混合水栓で水漏れが起きた時の修理では、まず最初に元栓を閉めて被害が広がらないようにします。元栓を閉めないと作業中に水が飛び散ることがあり、それが原因でカビが生える可能性もあります。元栓の場所は戸建てと集合住宅とで異なりますので、トラブルが発生していない時に確認しておきましょう。準備ができたら修理はレバーを外すことから始めますが、レバーはドライバーで簡単に外せます。

固定しているネジは簡単に外れますが、小さいので紛失しがちですので、無くさないようにしっかりと管理する必要があります。レバーの下の部品を取り外す際にモンキーレンチを使い、一つあるとナットやボルトを締めたり緩めたりするのも自由自在です。蛇口を取り外すとパッキンが見えてきますので、古い部品を取り除いて新しい部品を設置します。劣化具合は見た目では分からないことが多いのですが、数年経過していたら取り換えた方が無難です。

交換するパッキンはメーカーと型番をきちんと調べないと合わない可能性があります。パッキンを新しくしたら取り外した部品を元通りにしていくことで修理は完了し、水漏れの直っているはずです。元に戻しても元栓を開けないと水漏れが本当に直っているかを確認できませんので、元栓を開けて使ってみます。蛇口を閉めた後でも水漏れが起きているのなら、内部にあるカートリッジを同じように交換します。

頻度は多くはありませんが、パルプが故障することもあるようです。水漏れの修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *