お風呂場でよく使われているのはハンドル混合水栓です。このタイプは水が出る蛇口とお湯が出る蛇口の2つに分かれていて、内部に含まれているパーツは色々あります。ハンドル・カバーナット・パッキン・座金・スピンドル・コマ・ケレップ・ナットがあり、ハンドルを回すとスピンドルが締まる仕組みです。スピンドルが締まるとケレップが押されて水が出るようになっています。

ハンドルを回すと付け根部分から水漏れが発生する場合には、まず最初にハンドルキャップを外してからハンドルを取り除き、カバーナットを外したらパッキンを新品と交換します。部品を元に戻したら、ハンドルを回して水漏れが起こらないかを確認しましょう。問題が無ければ修理はこれだけで完了です。修理の時にはカバーナットを取り外す際にモンキーレンチが必要です。

ハンドルが外しにくい状態になっていたら、サビ取り剤等を上手く活用するとスムーズです。ネジは一般的なドライバーで取れますので対応しやすいと言えます。ハンドルを閉めても水漏れが発生する場合には、まず最初にケレップを交換して様子をみましょう。ケレップが新品になったら止まったというケースでは、ここで修理は終わりです。

それでも止まらなければ、次の手段としてスピンドルの交換作業があります。稀にここまでやってみても止まらないケースがありますが、その場合は蛇口ごとの交換が必要になり、自力では難しいので業者に依頼するのが一般的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *