お風呂場でも水漏れはしばしば発生しますが、自分で修理できることも少なくありません。慌てて業者を呼ぶ前に、自分でできることはないかを確認し、簡単に直りそうならインターネット等で修理方法を確認しながらチャレンジしてみましょう。比較的頻度の多いシャワーホース部分からの水漏れなら、パッキンを交換するとすぐに直ります。シャワーヘッドの部分は簡単に外れるようになっており、外すとすぐにパッキンが見えますので、型番を確認して部品を用意することから始めます。

シャワーヘッドやカランから水漏れしている場合の原因は、ほとんどがバルブの劣化です。開閉バルブの交換方法は、止水栓を止めたらハンドルを外し、表示リングと固定ナットを外したらスペーサーを取り外します。次に開閉バルブを引っ張って新しいものに交換したら、あとは逆の手順で戻していくだけです。外す手順を既に経験していますので難しくないように感じますが、意外と多くの人が順番を忘れてしまうようですので、念のために記録を残しておくと良いでしょう。

修理をする際に、止水栓を止めるのを忘れると大変です。作業中に水が飛び散って床等が水浸しになる恐れがありますし、後々のカビの原因にもなるからです。カビが発生すると嫌な臭いも出始めて、住環境は極端に悪化します。ですから、予防策として作業をする前に必ず止水栓を閉めなければなりません。

分かりにくい場所に設置されているケースもあるため、トラブルが起きていない時に場所を確認しておくと安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *