お風呂場やキッチン等の水回りでは、ポタポタと水がたれることがあります。目の前で水漏れが発生すると慌ててしまいますが、簡単に修理できるケースも多いので、まずは簡単な修理方法を確認しましょう。始める前にいくつかの道具を用意する必要があり、モンキーレンチはボルトを回す時に必要です。素人は締め過ぎてしまう可能性がありますので、と陸レンチもあると便利です。

他にも小さな部品を取り外す時に使うピンセットやネジを外すドライバー、蛇口を取り外す時に使う水栓レンチがあると良いかもしれません。シングルレバー混合水栓で水漏れが発生した場合、水を出している時に漏れ出るケースでの修理はパッキンの交換になります。蛇口を閉めても漏れ出る時にはカートリッジの交換が必要です。いずれにしても、レバーや部品を取り外して交換パーツを取り除かなければなりません。

その際に順番を覚えておかないと、新しい部品を入れた後に元に戻せなくなります。覚えられない人は、取り外した順番に並べておきましょう。ハンドル混合水栓の場合も、水を出している時なのか閉めている時なのかで交換する部品が異なります。水を出している時に水漏れが起きたら、パッキンを交換して元に戻すのは同じであり、ハンドルを閉めた時に発生するのならケレップまたはスピンドルの交換が必要です。

水道の種類によって蛇口の内部に入っているパーツが異なりますので、種類に合った修理方法を調べます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *