マイホームの天敵ともいえる水漏れですが、程度によって専門の会社にまかせてしまったほうがよい場合と、日曜大工で修理が可能な場合の両方がありますので、どちらのタイプにあたるのかをしっかりとチェックするのがよいでしょう。最近では身近なホームセンターなどでも日曜大工のためのさまざまな工具や部材などを販売するようになりましたので、小規模な修理であればあまり知識のない人であっても対応ができることがあります。水漏れの理由として多いのはパッキンの部分が劣化して止水の役目を果たさなくなってしまうことですが、このような場合は蛇口などを取り外してパッキンをもとの古いものから新しいものへと交換するだけでも水を止めることができます。また管が詰まった場所から水が染み出しているようなようすであれば、パイプクリーナーを使って詰まりを除去するなどの方法が使えます。

もしもこれらの方法では水漏れの修理ができなかった場合には、迷わず専門的な機材とスタッフを有している会社に相談をするのがよいといえます。もしも地域にいくつかの会社がある場合には、見積もりをもらって安価な価格を提示している会社を選ぶこともひとつの方法です。緊急性が高いようであれば見積もりをもらう時間も惜しいはずですので、基本料金をしっかりとホームページやチラシなどに掲載している会社を選んで、出張修理を持ちかけてみるのがよいでしょう。出張そのものにもいくらかの手数料がかかりますが、時間との勝負の場合にはある程度は度外視することもたいせつです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *